5.学生一時居住者用査証

メキシコに180日以上4年未満留学する者

メキシコ教育担当機関(Sistema Educativo Nacional)に登録されている教育機関に留学する方が対象です。
 私立の語学学校等、上記機関に登録がない場合には学生用査証申請の対象外となります。

 

ステップ1:申請書類を揃える

必要提出書類
1.パスポート (原本ならびに写真のページのコピー1部)
2.申請用紙 こちらからダウンロードしてください。
3.写真1枚(縦4cm×横3cm、背景白、額と耳が出ていること、メガネなし)
4.入学許可書
 以下に記載されている項目がひとつでも不足している場合、ビザ発行不可になる可能性があります。
 申請日までに許可書の内容をよく確認し、不足事項がある場合には大学に速やかに訂正を依頼してください。 
 ⅰ)留学生の氏名(フルネーム)
 ⅱ)勉学のレベル
   大学の場合:学士・修士・博士課程 等
   語学学校の場合:初級、中級、上級 等
   ※現地語学学校に入学後、テストを受けてレベルが決まる場合にはその旨が記載されていること。
 ⅲ)履修プログラムの名称
   大学の場合:学部・学科名
   語学学校の場合:スペイン語プログラム 等
   ※具体的に学ぶ内容が明らかではない表記(「留学プログラム」等)は認められません。
 ⅳ)受講期間の開始日ならびに終了日(180日を超える期間であること)
   ※開始日、終了日ともに年・月・日にちまで詳細に記載されている必要があります。
   日にちまですべて記載されていない場合には訂正を依頼してください。
 ⅴ)学費
   ※交換留学(日本の大学で学費を納める)の場合には「大学間の相互学費免除協定によりメキシコ側の  
    学費が免除される」旨が明記されていること。
 ⅵ)学校の正式名称、連絡先(住所、電話番号、Eメールアドレス)
 ⅶ)担当者の氏名、役職名、署名
 ⅷ)その他必要記載事項
  ・許可書の宛名は「留学生の氏名」もしくは「在日本メキシコ大使館領事部(Embajada de México en  
   Japón Sección Consular)」であること。
  ・メキシコ教育担当機関(Sistema Educativo Nacional)に登録されていることを証明する記載
  ・許可書作成日
  ・学校のレターヘッド付きの用紙を用いていること。
   
   記載内容のスペイン語版はこちらをご覧ください。
  
 5.経済証明
  ※申請者が 25歳未満の場合のみ、保護者の経済証明を提出することが可能です。
  AまたはBいずれかの書類をご提出ください。
  A. 残高証明
   条件:直近3ヶ月にわたり各月の平均残高が102,680ペソ以上であること ※申請日の日本円のレートで換算
   書類:銀行の通帳原本、通帳の該当ページのコピー、通帳の翻訳を提出
   注意:直近3ヶ月に申請する月は含みません
   例)4月に申請する場合には1,2,3月の平均残高を記載すること。
   ※平均残高の計算方法
      通帳右端に記載されている「差引残高」を元に計算する。
      例)1ヵ月間に取引が4回あった場合
      {(1回目の残高)+(2回目の残高)+(3回目の残高)+(4回目の残高)}÷4=その月の平均残高
      金額を計算し、翻訳文書に記載してください。
  B.給与支払額証明書もしくは奨学金受領証明書
   条件:直近3ヶ月にわたり各月に10,268ペソ以上の収入/奨学金を得ていること
   書類:給与証明書(直近3ヶ月の給与額を記載)もしくは奨学金受領証明書
      記載例はこちらをご覧ください。
注意:直近3ヶ月に申請する月は含みません。給与明細書の提出は認められません。
・証明書には書類作成者の署名、社判の捺印が必要です。
社判が押されていない場合には書類作成者の身分証明書(パスポート)の写しを添付してください。
6.在留カード(日本国籍以外の方。原本ならびに写しを提出。)

7.手数料
当館ウェブサイトスペイン語ページ SECCIÓN CONSULAR→TARIFAS CONSULARES→表内VISA A PASAPORTES EXTRANJEROSよりご確認ください。なお、日本国籍の方は無料です。

書類作成上の留意事項】 
 ・すべての書類は原本ならびにコピーをご用意ください。
 ・書類が日本語の場合には必ずスペイン語訳もしくは英語訳を添付してください。
 ・申請書以外、手書きの書類は認められません。
 ・紙の通帳がない銀行口座をご利用の場合には、銀行印が押されている取引明細書(入出金が記載されているもの、英語表記)をご提出ください。通帳に記載がない月がある場合も同様です。
 ・経済証明としてBを提出する場合であっても、銀行の通帳をお持ちの方は持参することをお勧めいたします
・担当官の判断により追加書類の提出を求める場合があります。
 ・自営業の場合は経済証明書A(残高証明)に該当する書類を提出してください。

追加提出書類
 ●申請者が25歳未満で親の経済証明を提出する場合
  ⅰ)親子関係を証明する書類(戸籍謄本/抄本の原本)
  ⅱ)ⅰの全訳(スペイン語もしくは英語)
  ⅲ)親の身分証明書のコピー
 ●申請者が未成年(18歳未満)の場合
  ⅰ)親子関係を証明する書類(戸籍謄本/抄本の原本)
  ⅱ)ⅰの全訳(スペイン語もしくは英語)
  ⅲ)両親の身分証明書(パスポートもしくは運転免許証)
  ※申請にいらっしゃる際、保護者(ご両親)も大使館に出頭する必要があります。 


ステップ2:査証申請予約、査証申請

査証申請予約はオンラインでのみ受け付けております。予約サイトMEXITELにて予約をおとりください。 
予約した日時に上記書類を持参し当館へいらしてください。

 

ステップ3:在留カード取得

一時居住者用査証の有効期限は180日です。メキシコ入国後30日以内に居住する地域の入国管理局(INM)にて在留カードに切り替える手続を行ってください。在留カードを取得することで、180日以上4年以下の滞在が可能となります。こちらの手続きは出入国管理庁で行っています。 手続きに関しては、各州の出入国管理庁に直接お問い合わせ下さい。
出入国管理庁ウェブサイト https://www.gob.mx/inm